MENU

怪しい、怖い。セフレアプリに対してそのような悪いイメージを持っていた僕が、どうしてアプリを使ってセフレ募集をすることになったのか。そのきっかけは今から3か月前の事です。僕は健二という高校時代の友達と20歳になった記念という事で二人で飲みに行くことにしました。晴れて成人して堂々とお酒を飲める喜びと、久々に会った友人との楽しい飲み会という事で、男二人ではありましたがその日は大いに盛り上がりました。お酒が進み酔いが回ってきた頃、健二が突然「耕太は最近女の方はどうなんだよ。彼女出来たか?セックスとかしてるのか?」と聞いてきました。僕は内心「なんて馬鹿な質問をするんだろう」と思いましたが、酔いが回っていたこともあり「いや、大学に入ってからは全くだよ。彼女は出来ないし、セックスなんてもってのほか」と素直に答えました。すると健二はまたもや唐突に「なんだよお前、つまんない人生送ってんだな。俺なんかセフレが3人もいるぞ!」と驚くような事を口にしました。

 

僕自身も決してモテる方ではありませんが、高校時代の健二はそんな僕と比にならないくらいモテない男でした。高校卒業まで彼女はひとりも出来ませんでしたし、もちろん童貞でした。そんな健二に3人もセフレがいるわけがない。それが僕の率直な感想でした。ですがもしも本当にセフレが出来たんだとしたら、それはそれで凄い事です。全然モテなかった健二でも出来る良い方法があるのかもしれない。だとしたら僕にも出来るはず。興味津々になった僕はどうやって3人のセフレを作ったのか、詳しく聞いてみることにしたんです。健二の答えはこうでした。「セフレアプリを使ったんだ。俺みたいな男が普通に見つけられるわけがないだろ。全部セフレアプリのお陰だよ」

 

前述したとおりそのようなアプリに対して悪いイメージしか持っていなかった僕は心底驚きました。どうやら健二は大学に入りサークルで知り合った先輩に紹介してもらったセフレアプリを使い、簡単にセックスさせてくれる女の子と出会ったんだそうです。もちろん最初は僕と同じように半信半疑だったらしいのですが、実際に使ってみると笑いが止まらなくなるほど簡単に女の子と出会えたんだとか。この時すでに僕のアプリに対する考えは180度変わっていました。「よし、僕もやってみよう!もうエロDVDを観る日々は終わりだ」と!

 

定番アプリ登録無料
人気アプリBEST5
アプリでセフレを量産したいなら迷わずコレ!